大人ニキビは洗顔を変えると改善する?正しい洗顔方法チェックポイント7

泡洗顔 美容・健康

大人ニキビに悩んでいる人で

「大人ニキビは洗顔を変えるとよくなるの?」

という疑問を抱く人も多いでしょう。

「洗顔を変えると大人ニキビは治る!」

など、私はニキビ専門皮膚科医ではないので
断言はできませんが、

正しい洗顔方法がニキビ改善に不可欠
であることは間違いありません。

私自身6~7年間大人ニキビに悩み、
皮膚科に通って、内服薬も塗り薬も
続けていたし、エステにも通っていました。

皮膚科でもエステでも指導されたのは
正しい洗顔方法でした。

私の大人ニキビの原因はおそらく、
ストレスとホルモンバランスが崩れていた
ことだったので、

洗顔を変えることで劇的にニキビが改善
されたとは言えません。

実際に大人ニキビが出なくなるまで
6~7年間も悩んだのですから…。

しかし、正しい洗顔方法ができていなければ
どんなニキビ治療も効果が出にくいでしょう。

大人ニキビは治った後も、
ニキビ跡という新たな問題を連れてきます。

大人ニキビの悩みから
一刻も早く解放されるためにも、
ニキビ跡をできるだけ少なくするためにも、

正しい洗顔方法ができているかどうか
ご自身の洗顔方法を確認してみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

check1. 洗顔の前に手をきれいに洗っていますか?

エステサロンでエステティシャンの人が
言っていましたが、

メイクを落とす際に手を洗わない人が
非常に多いそうです。

手には目に見えないバイ菌がいっぱい!

帰宅して一度手を洗ったから
自分の手はキレイだと思っているかも
しれませんが、

帰宅後すぐにメイクを落とさない人は
必ずきれいに手を洗ってから
夜の洗顔を始めてください。

朝も同様です。
ベッドから洗面所まで何も触ってないよ~
という場合も、

昨夜お風呂から上がって寝るまでに
何も触っていないということはないでしょう。

せっかく洗顔しても
手にばい菌が残っていたら
顔中にばい菌を染み込ませるようなものです。

大人ニキビを早く治したいなら
洗顔前には手をキレイに洗いましょう。

洗顔料を手に取る前に
手を洗うことが基本です。


ヤシの実からつくられた泡状の植物性薬用ハンドソープ。手を洗うと同時に殺菌・消毒できる!

check2. 洗顔料をよく泡立てて洗っていますか?

大人ニキビにおすすめの洗顔料を
探している人が多くいます。

洗顔フォームはどれがいい?
洗顔石鹸の方がいいのかな?
洗顔ブラシは使うべき?

どんな洗顔料を使うかより重要なのは、
洗顔料の泡立ちです!

「そんなこと!?常識だから知ってるわ~」
と思われる方が多いかもしれません。

しかし、市販の泡立てネットを
愛用している方も安心してはいけませんよ。

泡立てネット

重要なのは洗顔料を泡立てるときの
適度な水分量です。

メレンゲみたいに角が立つくらい
しっかりと泡立てなくても大丈夫です。

それよりも水分と空気を上手に利用して
柔らかくてしっとりした泡作り
心がけてください。

水分量の少ないしっかりしすぎた泡だと
汚れを吸収しにくく、
逆に肌を乾燥させる恐れがあるそうです。

大人ニキビに乾燥はよくありません。

水分量は多めでも柔らかくふわふわな
しっとりとした泡を目指してください。


たった20秒で泡立てネットより約7倍も細かい濃密泡をたっぷり作れる泡立てグッズ
お手持ちの固形せっけんや洗顔クリームもOK

check3. 泡で包み込むように優しく洗っていますか?

洗顔料のタイプはいろいろですが、
石けんでもジェルでもクリームでも

大人ニキビの洗顔で一番重要なのは
良質な泡立ちです。

泡立て洗顔

私は大人ニキビで長年悩んでいたので
かなりの種類の洗顔料を試しました。

でも結果として気付いたのは
人のおすすめ洗顔料は当てにならない
ということです。

人それぞれ大人ニキビの原因も、
症状も違います。

同じ大人ニキビに悩んでいる人でも
その人がおすすめする洗顔料が
自分に合うかどうかはわかりませんよ。

個人的には洗顔石鹸が好きですが、
それは私にとって泡立てやすいからです。

大人ニキビに限らず、
泡立てることが洗顔の基本です。

しかし、せっかく上質な泡ができたとしても
洗い方が悪ければ台無しになってしまいます。

あまり泡立っていない洗顔料で
顔を擦るようにごしごし洗っていると
大人ニキビは改善できません。

お肌に余計な摩擦を与えてはいけません!

よく泡立っていない洗顔料で
力を入れて擦るように顔を洗うと

皮膚にダメージを与え、
痛めつけている
ことになります。

スポンサードリンク

摩擦が原因でニキビが刺激されて化膿したり
跡が残ってシミになる危険性が高まります。

ボイルしたトマトを想像してみてください。

ゴシゴシこすったら、
表面の薄い皮がすぐにペロッと
はがれてしまいますよね?

あれと同じなんですって、人間のお肌も!

思っているよりもずっとデリケートなので
大人ニキビに悩む人は通常以上に
お肌をやさしく洗ってあげてくださいね。

check4. 洗顔に適切な温度を知っていますか?

よく「ぬるま湯で顔を洗うのがいい」
と聞きますが、ぬるま湯と言われても
人によって体感温度は違うと思います。

では具体的に何度くらいの
ぬるま湯がお肌によいのでしょう?

「32度」くらいのぬるま湯で洗顔すると
皮脂の汚れを落としやすい

そうです。
とはいえ、顔を洗うときに32度なんて
計れませんよね?

その場合は自分の体温より
やや低めだと感じられる
ぬるま湯
で洗ってください。

熱いお湯(水温が高すぎる)で洗うと、
皮脂が必要以上に落ちて
乾燥してしまう危険性があります。

大人ニキビの改善には皮脂のバランスが
大切なので、乾燥しすぎはよくありません。

洗面所

一方、水で洗うと汚れが落ちにくくなり
汚れが毛穴につまって
逆に吹き出物の原因になることも!

普通の健康肌なら毛穴を引き締めるには
冷たい水が効果的ですが、

大人ニキビのお肌はデリケートなので
冷たい水はおススメできません。

過剰な刺激を与えず、洗顔本来の
「汚れをしっかり取る」
ことを目的とし、32度程度が適温です。

check5. 3分以上顔を洗っていませんか?

クレンジングや洗顔料を
泡立てる時間は別として、

もこもこの泡が気持ちいい~と思いながら
時間をかけて洗顔している方はいませんか?

私が大人ニキビに悩み、
皮膚科やエステに通っていた時
正しい洗顔方法をレクチャーされる際に、

先生やエステティシャンの前で
洗顔料の泡立てなどを実際に行い
チェックされることがありました。

ニキビ面の私が自分で洗顔するのを見て

「洗顔は1~2分で十分!」

と厳しく注意されました。

トラブル肌じゃなくても
洗顔料が顔の上にあるだけで
お肌には負担がかかり、

ごしごし洗うのと
同じくらいの刺激になるそうです。

私は特に大きく赤く化膿した
ひどいニキビに苦しんでいたので、

早く治したい一心で洗顔時間が長すぎ、
それが逆効果だったようです。

1~2分間、泡で包み込むように
お肌の上を軽くやさしく
マッサージしてあげてください。

check6. 古いごわごわタオルで顔を拭いていませんか?

フェイスタオルは清潔第一!

そんなことは常識ですが、
大人ニキビの大敵は摩擦です。

肌触りがいいとお肌も喜びます。

古いごわごわタオルは
雑巾にしてしまいましょう。

その代わりに常に
新しく清潔で柔らかいふわふわな
タオルを使ってください。

また、気を付けてほしいのは拭き方です。

顔を拭くときもゴシゴシは厳禁!

ごしごしまでいかなくとも、
タオルで顔を摩擦してしまうと
お肌にダメージを与えます。

洗顔同様にあくまでやさしく、
お肌にタオルを軽く押し付けるようにして
水分をとってあげてください。

check7. 洗顔後にパックをしていませんか?

大人ニキビに悩んでいると
当然のことならが、
早く治したい気持ちが強いので
パックなどにも手を出してしまいがちです。

しかし、大人ニキビに刺激を与えるような
パックは全面的に禁止!

洗い流すやさしいタイプだから大丈夫、
という自己判断はやめましょう。

唯一許されるのは化粧水を浸透させるための
シートパックのみです。

シートパック

あくまでお肌を潤すことが目的です。

ただ、こちらも長時間パックしていると
逆に皮脂を奪い、
お肌を乾燥させてしまいます。

何度もお伝えしているように
乾燥は大人ニキビの改善を遅らせます。

シートパックをする場合も
使用上の注意書きにある時間を
厳守してください。

まとめ

大人ニキビができると辛いよね。洗顔を変えることだけが解決方法じゃないけど、正しい洗顔方法はスキンケアの基本だから大切よね。

男でも大人ニキビは悩むなぁ。洗いすぎると皮脂を奪うから逆効果なんだね。何となく早くニキビを治したいから必死で洗顔しちゃうけど、ダメだってわかったよ。

タイトルとURLをコピーしました