コロナ禍での転職活動を成功させるためには何が大切?3つのポイント

転職 仕事・副業

新型コロナウィルスのワクチンは
いつ開発されるかわかりません。
しばらくはコロナ禍の状況が続くでしょう。

Withコロナ時代に突入して
これまでの働き方は
過去のものになりつつあります。

今はまだ見られる満員電車での通勤も
次第に過去の光景になっていくかも
しれません。

通勤

転職活動もこれまでの常識とは異なる
新しい転活スタイルが確立されていくと予測されます。

それがいつの間にかニューノーマル、
ニュースタンダードとして定着していくのでしょう。

コロナの影響で仕事を失い、
やむを得ず転職活動を始めた人も

コロナ禍だからこそ、今がチャンスと捉え
転活を始めた人や始めようとしている人も

転職活動を成功させたいと願う
強い気持ちは同じはずです。

コロナ禍でも転職活動を成功させるのに
欠かせない重要ポイントは何でしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ポイント1:転職活動を始める前に覚悟を決める

コロナ禍でなくても
転職活動にはパワーが必要です

ヘッドハンティングにあって
条件の良い会社にキャリアアップ、

もしくは知人の紹介で100%内定確定の状態で
転職できるなら苦労はいりませんが、

覚悟を決めて転職活動を行わないと
なかなか転職先が見つからない

というのが一般的でしょう。

でも、決して不可能ではありません。
コロナ禍であっても
転職を成功させている人もいます。

異業種でも可能性は0ではありません。

まずは転職活動を始める前に
考えてみてください。

転職

コロナ禍でも転職できる人、できない人

コロナにどんな影響を受けたにせよ、
コロナ禍で転職できる人は
覚悟が決まっている人、

転職できない人は
覚悟が決まっていない人
だと言えると思います。

あなたは「たとえコロナ禍でも
絶対に転職活動を成功させてみせる!」

という覚悟が決まっていますか?

精神論で転活が成功する訳ではありませんが
転職活動は正直楽ではないので、

覚悟が決まっていない場合は
自分の気持ちや状況を客観的に俯瞰し、
動き出してよいかどうか
冷静に考えてみる必要があります。

転職

<コロナ禍をチャンスと捉え、転活に挑もうとしている人の場合>

一番重要なのは「なぜ、転職したいのか?」
をじっくりと考えることです。

もっと自分を高めたいとか
もっと自分の能力を生かしたいとか
給料を上げたいとか

ポジティブな理由で転職を目指すなら
たとえ異業種の仕事や未経験の仕事でも

成功するまでチャレンジする覚悟が決まって
いるはずなので問題ないでしょう。

ただ何となくコロナ禍だからチャンスがある
かもしれない、という中途半端な気持ちなら

本当に転職する意思があるのかどうか
自分はなぜこのコロナ禍で転職したいのか

転職活動を始める前に
もう一度考え直す必要があります。

ポジティブな理由で転職を目指す方が
成功しやすい、というのは事実でしょう。

転職

しかし、現在の職場でこれ以上耐えられない
事情があって、転職したいと考えることは、
必ずしもネガティブな理由だとは言えません。

以前の記事にも書きましたが
私は実際にパワハラを経験したことがあります。

天職だとも思えた仕事を
辞めざるを得ない状況になり、

一般的には不利だと言われる35歳を過ぎて
転職する羽目に陥りました。

当時は本当に辛くて退職後は失業者となり
しばらくの間喪失感でいっぱいで
就活どころではありませんでした。

でも、今ではパワハラしてきた経営者と
上司に心から感謝しています。

あのままあの職場で耐えていたら
心身共に参ってしまったでしょう。

精一杯自分の限界まで頑張ってみて
それでも今の職場ではもう無理だと感じたら
体を壊す前に転職を決めた方がいいですよ。

やはり心身の健康が一番大切です。

どんなに今の仕事が好きでも、
自分に向いていると感じていても
職場に問題があれば悪い影響となります。

もっと頑張れるのに、自分を甘やかして
ただそこから逃げるだけが目的なら
転職活動で成功するのは難しいかもしれません。

でも、コロナ禍をチャンスとプラスに捉え
「転職活動は成功するまで諦めない」
という覚悟を決めらたなら、
もう転職活動は成功したも同然です。

<コロナのせいで失業し、転職活動をせざるを得ない人の場合>

もう気持ちの整理はつきましたか?

簡単にショックは癒えないとしても、
冷静に現実を受け入れ、
「何が何でもやるしかない」という気持ちに
なっていますか?

よく考えてみて、まだ本格的に就職活動を
始める状況ではないと判断したら、
少し時間を取ることも大切だと思います。

子供は受験を控えているし、
家のローンはあるし、そんな悠長なこと
言ってられないよ!

と奮起しているなら大丈夫です。

転職

でも、まだ精神的に立ち直っていないのに
被害者意識が抜け切れていないのに

ご家庭の経済的な事情で
しぶしぶ転職活動を始めると、
活動期間が必要以上に長引く恐れがあります。

一度面接に落ちたくらいで
コロナ禍だから転職できない、難しいという
ネガティブな思い
がますます強くなり、
悪循環の罠にはまりこんでしまうかもしれません。

コロナ禍の今だからこそ、日本のみならず
世界中に経済的大ピンチの人が大勢います。

転職理由が失業であっても
マイナス印象になることはないでしょう。

経済的事情で時間的猶予がないとしても、
何とか急場をしのぐ方法があるはずです。

失業保険をもらうとか、貯金を切り崩すとか
国の支援制度を利用するとか、
ひとまず急募のパートの仕事に就くなどして

必要最低限のライフラインは保ちつつ、
ご自身の現状や気持ちや
優先順位などについてよく考え、

「何とかして転職活動を成功させよう」
覚悟が決まってから活動をスタートさせた方
が成功しやすいでしょう。

ポイント2:コロナ禍で変化した転職市場の最新情報をチェックする

何事も成功するには情報収集が大切です。

特に新型コロナウィルスの流行以降
転職市場は日々変化が起こっているので、

最新情報を的確に把握しておくことが
重要です。

情報収集

新聞やテレビ、ネットの時事ニュースは
もちろんですが、おすすめなのは
転職サイトの最新記事を参考にすることです。

転職市場の動向を追うことができますし、
現在どのような業界が募集を行っているか、
Webでのオンライ面接が行われている企業等
も知ることができます。

有名な大手転職サイトでは
コロナ禍での転職活動について
特集記事を載せているところもあります。

初めての転職の場合、その他既存記事からも
転職についての基本知識を知ることが可能です。

久しぶりに転職サイトを覗いてみましたが、
いかに多くの企業が現在も人材募集を
行っているかがわかりました。

過去に転職サイトを多数利用した経験が
ありますが、実際に活用するには相性もあります。

プロフィールページの使い勝手や
求人の見やすさ、スカウトの来る頻度、
応募してみて面接まで進める確率など
おそらく好みがはっきりしてくるでしょう。

しかし、登録してもしなくても
実際にその転職サイトを使うとも使わずとも
情報収集は非常に有益です。

ポイント3:コロナ禍だからこそ転職活動は幅広い方法で

受験でも同じですが、合格するには
「傾向と対策」が大切ですよね?

ポイント1で転職成功まで諦めず続ける
覚悟を決め、

ポイント2で最新情報を収集して、
現在の転職市場の傾向を知り、

最後に実際に転職活動を始める訳ですが、
重要なのは対策とプランを練ることです。

本来目標とは”いつまでに”という期限も
大切だと言われますが、
コロナ禍では通常と状況が異なります。

自分自身が立てた目標が達成できないと
自己嫌悪や焦りで自分を苦しめることに
なってしまうかもしれないので、

期限の目標はご自身の性格によって
明確に設定するかどうか
ご自身で決めてください。

それより大切なのは全員に当てはまることで
ポイントの3つ目、
「転職活動の方法は一つではない!」ということです。

あまりに当たり前すぎて
話題になることも少ないですが

あなたは今、どんな方法で転職先を
見つけるつもりですか?

スポンサードリンク

これまで育ってきた家庭環境や
周りの人々の考え方にも影響を受けて
転職活動は視野が狭くなりがちです。

一つの方法がうまくいかないと
「もう転職なんてできない!」
と絶望してしまう人も多いと思います。

でも転職を成功させる方法は
一つじゃありません。

AかBの二択でもありません。

転職活動

今までの価値観をぶち壊し、
転職に関する視野を広げてください。

自分が考えている方法だけじゃない
ということに気付けば
転職活動もずっと楽になります。

複数の方法で転職活動を行うと
管理が大変だというのも一理ありますが、

少なくとも3~5つの転職方法を並行して
進めるのがおすすめです。

主な転職活動方法

・ハローワークで探す

地域にも密着していますし、
幅広い求人募集があり、求人数も多いので
一番身近な転職活動方法かもしれません。

ハズレも多いですが、アタリも多いので
何社もあたってみるといいでしょう。

自宅でもネット検索可能で便利ですが、
実際にハロワに行って検索し、
気になる求人を集めて、まとめて相談員に
相談するのがベスト
だと思います。

転職相談

しかし、現在コロナ禍で各ハローワークも
通常体制ではないと思われます。
必ず出かける前に確認しましょう。

ハロワの相談員の方も十人十色です。

私は以前都心の某ハローワークにて
とても態度が横柄で、印象が悪い相談員に
当たったことがありました。

その当時は知りませんでしたが、
良い相談員に巡り合えたら、
その方に面談の日時予約ができる
と聞きました。

また、失業中には教育訓練給付制度
利用させてもらったこともあります。

雇用保険の給付制度で、支給対象者には
条件がありますが、条件に当てはまれば
とてもありがたい制度です。

興味がある人は確認してみてください。

⇒ 厚生労働省ハローワークインターネットサービス「教育訓練給付制度」

給付金をもらうためには課題提出など厳しい
条件もありますが、転職前に学びたい人には
非常におススメです。

私もハローワークで情報を得たので、
ハロワで相談するのもよいと思います。

・新聞や折り込み広告などの紙面求人広告で探す

最近はネット社会なので、
新聞は今でも競争率が高いでしょうが、

逆に折り込みの紙面求人広告は
比較的競争率が少ないとも言われます。

折り込み広告や無料の求人フリーペーパーは
地域限定の求人が多いため、

家の近くで働きたい人や
ネットが苦手な人は積極的に活用してみる
価値がある穴場かもしれません。

転職情報誌

中小企業は経営者と波長があえば
居心地のいい職場と出会える可能性が高いです。

積極的に応募して
面接までこぎつけることです。

・友人からの口コミ(紹介)で探す

私は過去に失業期間中、友達からの紹介で
複数の仕事を紹介してもらい
就活中にアルバイトをしていました。

近況を聞かれて、失業している話をすると
ありがたいことに向こうから
「○○できる人を探しているんだけど
やらない?」と声をかけてもらいました。

失業保険をもらっている間の
申告範囲内の収入に限られたアルバイトで
転職とは言えませんが、

相手が経営者の場合はそのまま転職も
OKな状況でした。

思いがけない人脈から
仕事が見つかることもあります。

きっかけがあれば、転職活動中であることを
伝えておくと朗報があるかもしれません。

・街中で見つけた求人広告で探す

先日の記事で、「急募」の求人広告
ある会社のフェンスに複数貼られているのを
目にしたことをお伝えしましたが、

コロナ禍は転職のチャンス!?パラダイムシフトの今だから発想転換
新型コロナウィルスの影響で倒産や失業者が増え、転職せざるを得ない人も少なくありませんが、コロナ禍だからこそ転職のチャンス!と捉えて、キャリアアップや未経験業種への転職を果たす人もいるようです。働き方も変わりつつある今、変化に柔軟に対応するには?

このような身近な求人広告も
貴重な情報の一つだと感じました。

幹部候補も募集してあり、
現在の私の年収より高かったですもの…。

今後テレワークが普及するはずなので、
確実に働き方は変化していくでしょう。

たまに出社するとしても
家の近所だと通勤も便利ですよね。

・転職サイトで探す

私が過去に一番活用したのは、
ネットの転職サイトです。
有名どころにはすべて登録しました。

プロフィール作成や職歴を入力するのは
とても時間がかかり大変ですが、

ここが重要なので手を抜かず練りに練って
丁寧に記入しましょう。

文章が読みやすく簡潔なことも大切ですが、
最重要は自分のページ=企業への自己PRです。

字数制限の最低6割、
できれば8割記入しましょう。

具体的なエピソードを織り交ぜて
そこから学んだこと、自分の長所、
入社後何ができるかをアピール
しなければ
意味がありません。

企業の採用担当者が興味を持つような
キーワードを適度に入れてください。

現在の仕事も転職サイト経由ですが
企業側からスカウトされました。

転職

もちろん筆記や面接試験はありましたが
相手側からのアプローチだったので
スムーズに進んだように感じます。

転職サイトは時間をかけて
戦略を練ることが可能です。

定期的に見直して、内容を改善する
より効果的です。

・企業の公式Webサイトの求人募集ページで探す

転職サイトに掲載しつつ、
自社サイトでも応募している場合は

開示されている情報量が
微妙に異なる場合があります。

公式Webサイトの求人募集ページから応募
した方が有利かどうかは不明ですが、

気になる企業がある場合
直接現在の募集の有無が確認できます。

趣味に関する業界で憧れている会社があれば
志望理由などにも自然と熱意が込められて
チャンスが広がりそうです。

応募があれば是非チャレンジしてみてください。

基本的にどんな場合でも
応募する会社のサイトは確認することが
不可欠です。

・転職エージェントで探す

以前、自分には敷居が高いかな?と感じて
いたのですが、

同じ大学の友達はほとんど転職エージェント
活用して転職を成功させていたことを知り、
次は活用してみようと考えています。

腰を据えてキャリアアップ、
年収アップを図るなら
転職エージェントが最適かもしれません。

外資系企業の正社員の場合は
エージェント経由がほとんどです。

個人的にはマイナビ転職と相性が良かった
ので、マイナビエージェントに登録してみよう
と考えています。

転職サイトは求人が閲覧できるだけですが、
転職エージェントはプロフェッショナルな
キャリアアドバイザーから

転職活動のアドバイスや転職ノウハウなどの
情報が得られるのがメリットです。

応募書類や面接対応などのサポートを受ける
ことが可能です。

以上、一般的な転職活動方法を一部
挙げてみましたが

あなたはどんな転職方法を
考えていましたか?

コロナ以前は大きな会場で転職イベントなども
頻繁に開催されていて、
私もかなり活用させてもらいましたが、

現在はオンラインでの転職活動イベント
増えているでしょう。

この他にもコロナ禍だからこその方法が
まだまだたくさんあるでしょう。

ご自身でも情報収集しつつ、
今まで考えたことのない方法があれば
選択肢を一つ増やしてみてください。

まとめ

新型コロナウィルスで何もかも変化がすごいね。転職活動をする人はこのピンチをチャンスにして成功してほしいな。

そうね。コロナ禍で悲観的に悩むばかりじゃ、変化に置ていかれちゃう。転職活動も案外活発でびっくりしたわ。強い覚悟さえあれば転職活動もきっと成功できるはず!

タイトルとURLをコピーしました