ストックフォトで写真を売って稼ぐことは可能?素人副業参入の注意点

スマホで写真撮影 仕事・副業

コロナ禍で失業や雇止めなど生活に深刻な
ダメージを受けている人がたくさんいます。

副業を始めようかな?と考えている人も
多いのではないでしょうか。

そこで再び注目され始めているのは
ストックフォトです。

アマチュア写真家、いわばド素人の一般人
でも自分で撮った写真を販売して
稼ぐチャンスがあるからです。

一眼レフのカメラを持っていなくても
最近のスマホのカメラは高性能ですから

スマホにたまっている写真を登録して
売れるのを待つだけで稼げる可能性がある
という気楽さも好評です。

しかし、実際のところストックフォトに
登録して写真を載せたら稼げるのでしょうか。

副業にまでできるのでしょうか。

実は私、過去にストックフォトで稼ぐ副業に
チャレンジしようとトライしたことがあります。

そこで、大大大失敗をして
かなり痛い損失を経験しました。

金銭的に余裕があって、趣味の写真で
少しでもお小遣い稼ぎができたらいいな~
という人にはおすすめですが、

本気で収入の足しにしたい、副業として
家計の足しにしたいという素人の場合は

私のような失敗をしないように
いくつか注意点をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ストックフォトとは?写真をどうしたら収入になる?

ストックフォトサービスとは?

Wikipedia(ウィキペディア)によると、
ストックフォトとは以下のように
説明されています。

ストックフォト(Stock Photo)とは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる。
無料の素材については、基本的にストックフォトと呼ばない。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ストックフォト

著作権とか気になりますよね?

でも使用許諾を得たものだけ
提供されているので
ライセンスについては問題ありません。

IT用語辞典バイナリによると、
英語でいうとストックフォトは
stock photos, stock photo libraryとのこと。

ストックフォトと呼ばれるものには
いくつかのタイプがあることがわかります。

ストックフォトとは、写真やイラスト等の画像素材をあらかじめ用意して利用者に提供(使用許諾)するサービスの総称である。

ストックフォトでは、雑誌、広告、Webサイトといったメディアのイメージ画像に適したさまざまな状況の写真画像が用意されている。利用者は、その中から好きな画像を取得する。基本的にはストックフォトのサービス提供者が画像の著作権や被写体からの使用許諾を保持しているため、ライセンス上の懸念が払拭されている。

オンラインで提供されているストックフォトのサービスは、「ロイヤリティフリー」および「マイクロストック」の提供形態を導入していることが多い。ロイヤリティフリーとは、利用対価を支払った画像について使用回数や開始時期に制約がなく、代わりに独占的使用は認められない(他のメディアで使用されることを禁止できない)タイプのサービスを指す。使用するたびに別個に使用許諾契約を結ぶタイプのサービスはライツマネージ型と呼ばれる。マイクロストック型サービスとは、アマチュア写真家を含む多くの撮影者の写真を豊富に揃えて低価格で提供するタイプのサービスを指す。低価格で利用しやすいが雑多であるという特徴がある。

オンラインメディア等で利用できる写真画像を配布しているサービスの中には、パブリックドメイン化した画像やCreative Commons ライセンスに基づき転載可能な画像を中心に扱うサービスもある。ただし、通常ストックフォトと呼ばれる際にはこうしたサービスは含まれないことも多い。

出典:IT用語辞典バイナリ「ストックフォト」

「アマチュア写真家を含む」という文言が
気になりませんか?

つまり、ド素人の写真初心者でも
ストックフォトで自分の作品を提供し、
誰かの役に立つことができるということです。

ストックフォトで自分で撮った写真が
売れたら、自分の収入となり、
お小遣い稼ぎも可能ということです。

純粋に写真を楽しむだけでも
十分素敵な趣味ですが、

自分の写真が誰かの役に立ったり、
好きな写真でお小遣い稼ぎができたら
もっと嬉しいですよね。

ストックフォトを用いて写真で稼ぐ方法

初心者のアマチュア写真家でも
写真で稼ぐ方法が知りたいですか?

具体的にどうしたらよいか
ご説明します。

1.ストックフォトに登録して作品を販売する

ストックフォトによってさまざまな条件が
ありますが、必ずしもデジタルカメラや
一眼レフカメラを持っていなくても大丈夫
です。

スマホで撮った写真でも出品できる
ストックフォトサービスがある
ので、

思った以上に簡単に
自分で撮った写真を販売することができます。

プロの人もたくさん登録していますが、
アマチュアでも大丈夫です。

通常登録は無料です。

どんな写真が売れるか研究して
それなりに完成度の高い写真を
出品しなければ売れませんが、

各ストックフォトによって求められている
写真が異なるので

自分と相性の良いストックフォトを
見つけられれば収入が発生する可能性が高く
なります。

ストックフォトに複数登録することも可能で
実際にそうしている人も多いでしょう。

しかし、購入された写真の著作権は
ストックフォト側にあるため、

同じ写真を複数のストックフォトサービスに
出品することはできません。

各ストックフォトのニーズに合わせて
異なる写真を出品すると、
よりダウンロードされやすいでしょう。

逆に一つのストックフォトに絞って
出品数を増やし、
固定ファンを増やしている人もいます。

スマホ

2.Instagram(インスタグラム)等のSNSやブログで宣伝し、集客する

ストックフォトに写真をアップロードした
だけでは、

スポンサードリンク

そのストックフォト内での検索が
一番のアクセスで
他からのアクセス流入が少ないはずです。

すべてのネットビジネスは集客、
つまりアクセス数が収入に直結
するので

ストックフォトで稼ぐためには
自分のページを宣伝し、たくさんの人に
見てもらう必要があります。

そのため、同じ写真つながりでInstagramに
フォトストックの自己ページのURLを
貼りつけたり、

TwitterやFacebook、ブログなどで
集客している人もたくさんいます。

当然インスタやツイッターでも
たくさんのフォロワーがいなければ
アクセスの可能性は低いですから
フォロワーを増やす必要があるわけです。

素人がストックフォトで写真を売って稼ぐための注意点

ストックフォトで収入を得て副業にできるか?

ストックフォトで写真を売って
収入を得て、副業にできたら嬉しいな~と
考える人は多いでしょう。

最初にも少し触れましたが、
最大の注意点は
「ストックフォトで儲かるとはいえない」
ということです。

写真を売ることで収入を得られるか?と
いうと、実際に収入は得られると思います。

実際にド素人の私でも数百円~数千円の
収入は得られました。

しかし、ストックフォトで写真を販売する
ことが副業として成り立つか?と聞かれると

どのくらいの報酬を望むかにもよりますが、
毎月自分が副業と呼べるほどの
望む金額以上の収入を得られるかどうかは
わかりません。

アマチュア写真家でも参入は可能です。

しかし、実際に副業として稼ぐとなると
プロ級の腕前と、写真を必要としている人の
ニーズを正しく知り、

売れる写真を撮って、出品しなければ
簡単に望み通りの報酬を得ることはできません。

実際には写真を本業とする人達が
チームとなり、分業してストックフォトに
売れる写真を出品して稼いでいるそうです。

teamwork

例えばストックフォトでよくダウンロード
される何かの場面の写真などは、

モデルを探す人、スタジオを準備する人、
シチュエーションを演出する人、
モデルのメイクや衣装を担当する人、
写真を撮る人、タイトルやキーワードを
決めてアップロードする人などなど。

ストックフォトについて調べてみて
実際にトップの売上を占めているのは
このようなプロ集団
だと知り納得しました。

ですから、月に数十万円以上稼ぐことが
目標だとしたら、個人ではなかなか難しい

ということを知りつつ
ストックフォトに参入すべきです。

「写真で稼げる」キャッチに騙されて高額商材を買わない!

私が最もお伝えしたい注意点が
詐欺商材に引っかからないようにしてください!ということです。

恥ずかしながら、私は写真関連の
高額商材を2回購入してしまい、
長い間毎月高額ローンを支払い続けました。

冷静に考えると、こんなので写真を売って
稼げないだろう…という内容の
ストックフォトサービスへの登録が一つ。

もう一つはインスタのフォロワーを増やす
ためのサービスです。

今から3~4年前に、
「写真を副業にして稼ごう!」
「趣味が簡単に収入になる!」
という甘い言葉に引っかかってしまいました。

よく調べずに、騙された私がバカでした。

200%自己責任ですが
本当にお金をドブに捨てたような
痛い社会勉強でした。

お金の大失敗

当時私は公私共々不運が続き、
精神的に大ダメージを受けて
人生のどん底にいました。

そのため冷静な判断力が完全に欠如していて
将来への金銭的な不安から
副業で稼ぎたいという気持ちが強くあり、
藁をも掴む思いで購入してしまったのです。

当然そのストックフォトから得た
収入より支出の方が何百倍も多く、

確かにインスタでフォロワーは増えたものの
劣悪なストックフォトへのアクセスへの
還元はそれほどなく、大失敗でした。

現在コロナ禍で経済的に不安を抱えている人
が増えていると思います。

そのような不安な時には、思わず甘い言葉に
騙されてしまう危険性が高まります。

普段そのようなバカな選択は絶対にしない
ような慎重な人でも、
自分を見失ってしまえば十分に起こり得ます。

通常はストックフォトへの登録も無料で、
写真を出品するだけなら全く無傷です。

ただ、そこで写真が思うように売れないと
どうにかしようとして、罠にはまってしまう
ことがある
点に十分注意してください。

気長に売れるのを待つなら
ストックフォトは楽しい趣味の一つに
なることでしょう。

ストックフォトに出品する写真のロイヤリィに注意する

ストックフォトへの登録も写真出品も無料で
参入の敷居は低いのですが、

あまりに無知のまま、何も考えずに
撮った写真を何でもアップロードして、

実は著作権侵害を犯していたということが
ないよう注意しましょう。

ストックフォトの宣伝文句に書かれている
「ロイヤリティーフリー」というのは

購入した写真を使用するたびにライセンス料を
支払う必要がないという意味です。

ですから、写真の中に著作権や肖像権などが
必要な被写体が含まれていると法律問題に
触れてしまいます。

ストックフォトへの写真出品はNGの
建築物もありますし、
当然ブランド品やモデルには様々な権利が
絡んでくるので要注意です。

法律がよくわからなければ、そのような
危険性がある被写体を写した写真は
ストックフォトに出品するのをやめましょう。

まとめ

ストックフォトは私の友達も写真を出品しているけど、収入はお小遣い程度みたい。副業と呼べるまで稼ぐのは難しそうね。

ストックフォトに限らず、副業には注意点がたくさんあるよね。写真は好きな人も多いし、気軽に始められそうだから特に危険かも。でも注意点に気を付けて、欲張らずに楽しめればいいと思うな。

タイトルとURLをコピーしました